手軽に若返りができる方法【美容医療に頼るのも手】

目元のたるみ対策

中年女性

暗い目元とおさらば

加齢とともに、目の下の皮膚のたるみが気になってきます。目の下がたるんでいるだけで、目元が暗くなり、一気に老けた印象になってしまいます。目元のたるみを解消するだけで、見た目が格段に若返ります。それでは、なぜ目元のたるみは起こるのでしょうか。皮膚を構成する成分である、コラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに再生が遅くなってしまいますが、コラーゲンやヒアルロン酸は皮膚の弾力を保つ成分のため、それらが減少した場合、皮膚は重力に逆らうことが出来ず、たるんでしまうのです。また眼の周りの筋肉も衰えてしまい、皮膚を支えられず、たるみを加速させます。その他の原因としては、目をこすった際の摩擦、紫外線が目の周りの皮膚の組織を破壊してしまうことや、乾燥などが挙げられます。目のたるみを解消し、若返りを実現するにはどうすれば良いのでしょうか。自身で出来る対策としては、基礎化粧品にこだわることです。基礎化粧品にもホワイトニングラインやアンチエイジングラインなどがありますが、保湿を重視したアンチエイジングラインを選び、目元美容液またはアイクリームを使用して、肌を保湿し弾力を取り戻すことが大切です。また、食事も大切です。コラーゲンのもととなるタンパク質を毎食取り入れ、その再生を促すビタミンCも同時に摂取すると良いでしょう。ビタミンCは肌を綺麗にし美白効果もあるので、より若返りが期待できます。どうしても目の下のたるみが改善されない場合は美容医療に頼るのも手です。目の下のたるんだ皮膚を切除する外科手術ならすぐに若返りを実現できます。メスを入れることが怖い方には、コラーゲンやヒアルロン酸注射などもあるので、自身にあった施術を選択できると思います。ヒアルロン酸注射は、傷跡も目立たず、施術後すぐにメイクをすることも場合によっては可能です。たるみの他、しわにも効果がみられるので非常に人気の施術メニューでしょう。軽い気持ちで受けられる人が多いのもこういった理由があるからだと言ってもおかしくありません。また、美容外科ではアンチエイジングを目的とした治療以外にも様々な施術を行なっています。中でも注目されている施術がタトゥー除去です。銀座みゆき通り美容外科では、目の下のたるみを改善する治療だけでなく、タトゥー除去も評判が高いです。タトゥーを消したいと考えている人は通院を検討してみましょう。

鏡を見る女性

スッキリした目元を作る

眼窩脂肪が下垂したことで起こる目の下のたるみは、脱脂術やハムラ法、裏ハムラ法といった美容整形を受けるのが改善の近道です。これらの美容整形はたるみを引き起こす眼窩脂肪を、除去したり移動させ目元をフラットな状態へとする効果を発揮します。

詳しく見る

ウーマン

頬のたるみを解消

頬のたるみを解消して若返り効果を発揮する施術は多岐にわたります。メスを使う方法ならフェイスリフトなどがおすすめです。手軽なプチ整形が良いという場合は、ヒアルロン酸注入や糸でのリフトアップを検討しましょう。またレーザー治療など照射系の美容医療も効果的です。

詳しく見る

中年女性

持続する効果をチェック

サーマクールで若返りの効果を得られる期間は約1年程度です。コラーゲンの収縮による肌の引き締まりが施術後、約4週間から12週間にわたり、コラーゲン生成量の増加は約6ヶ月続きます。1年おきに施術を受ければ、若々しさをキープできるでしょう。

詳しく見る

女性

老け顔の原因にも

老け顔の原因となる目の下のたるみが出来てしまうのには様々な理由がありますが、マッサージなどで改善しない場合には美容整形で治療を行う必要がある場合もあります。費用は下眼瞼脱脂術では30万円程度、ハムラ法では40万円程度とされていますが治療法によって特徴があるので医師とよく相談することが大切です。

詳しく見る